サカナスタイル

<< ホモとピーズときみとぼく | main | 好きこそものの上手なれ >>

top > イベント > 感謝(驚)

感謝(驚)



【サカナ☆ジュークボックス】(6/27水「真昼の月・夜の太陽」にて開催)、大盛況のうち、無事に終了しました!!

ご来場くださったすべてのお客様、出演者のみなさま、ライブハウスのスタッフ、来れなかったけど気にかけてくださっていたすべての方々にこの場を借りてお礼申し上げます。


本当にどうもありがとうございました!!





この2ヶ月間、いろいろと準備して、絵かきのジョニーとも何度もミーティングをくりかえし、特設ページ、フライヤーなどを作成し宣伝を行いました。(twitterやFB、都内ライブハウスなどで宣伝協力していただいた方々にも、あわせてお礼申し上げます。)

平日ど真ん中の水曜日だというのに、会場となった東新宿「真昼の月・夜の太陽」にはオープン前から開場待ちのお客さんがちらほら。最終的に満員御礼となりました。

出演していただいたマーガレットズロース、ギターパンダ、THEWATTER、うつぼも最高の演奏とパフォーマンス。

まずだいたいにして、レコ発をしたばかりのうつぼがオープニングアクトなんて贅沢すぎるブッキングでした。

先日、現在作成中のフリーペーパー用の取材で、うつぼのボーカル コサックに話しを聞いた際、「(オープニングアクトの)20分という枠で全部出し切ります。もし20分で魅力を出しきれないバンドは1時間やっても2時間やってもダメですよ」と心意気を語ってくれました。

そしてそのコトバ通りのステージでした。

1曲目のイントロから、たけいくんの気合みなぎるドラミング。4人とも「ぜんぶ出し切って完全燃焼してやる!」という迫力の20分。

今回は間に合いませんでしたが、うつぼの30000字インタビューが掲載されたフリーペーパーは今後うつぼのライブ開場にて配布します。


(ライブ写真は撮り忘れ)


2番手のTHEWATTERも気合十分。ふだんのステージより、ボーカルヒデくんのお行儀が悪い(笑)。特にMC!でもそれはある意味出し惜しみなしで挑んでいるわけで、ライブ終了後に本人も話していました。ベースのたくろうくん、指だけじゃなく身体が動く動く!魅せます。

ギターの志賀さん、カッティングがキレます。
テレキャスがジャキジャキ鳴っていました。


彼らにも、先日吉祥寺のハモニカ横丁にて、結成〜現在までの貴重なエピソードを取材しているので、完成次第配布したいと思います。

3番手は大御所ギターパンダ。

代々木のBOGALOO時代から、ギターパンダの出演を田中氏と夢想していて(僕らはもう19くらいの頃から、のりをさんのファンです)、ようやく実現したステージ。

リハの時間まで、本当にここに山川のりをさんが来るのだろうか?となんだか信じられなくて(笑)、颯爽とギターケースを持って現れたのりをさんを見てもなんだか不思議な感じがしました。

あーマヒルに山川のりをさんがいるーって。笑

百戦錬磨のギターパンダ。

「トルクを下げてもらえますか?」「中音をもう少し出してください」…などテキパキとリハをこなすのりをさんをボーっと観てました。

僕はリアルタイムのライブでは「ノリヲ&アイスクリームマン」の頃から観ています。

会場前の出演者顔合わせでも、始終場を和ませようとしてくれるのりをさん。

ステージでのギターパンダ。





何度観ても飽きることない。

何度観ても感動します。
感無量。
うつぼ コサックとカルピスプレスリーの貴重な楽屋ショット。


4番手トリ、マーガレットズロース

この時点でついにホールは満員御礼。

一曲目から「マーガレットズロースのロックンロール」→「ロックンロールをよろしく」へアップナンバーをたたみかける。

あああ。「世界は変わる」や「斜陽」を真昼の月で聴けるなんて!!

情けないことに正直、各バンドのリハーサル中からずっと気を張りっぱなしで、イベントが開場してからも楽しむ余裕がまったくなかったのですが、この瞬間だけは、昔から客として観ているズロースのライブ同様、無心になることができました。

それからのことは正直よく覚えてません。(写真も撮れていません)



「ブンブン!!」ブンブン!!「ブンブン!!」ブンブン!!

一体全体「ブンブン」ってなんなんだよ!!

あーーあーーあーーあーー

ホールのお客さん、盛り上がってるなー




ボーッとしながら、もうろうとしながら、ぼんやりDJブースでそんなことを考えていました。


アンコールで「どどど」やってくれたなー


あーー

あーーあーーあーーーあーーー

岡野さんのバイオリンベース。

熱海さんの白タオル。

銀杏のミネタくんは「クラッシュってきっとこんなバンドだったんじゃないかな?」ってマーガレットズロースを紹介してたけど、僕は違うふうに感じました。

ピストルズやクラッシュが「こんな殺伐とした時代にラブソングなんか歌ってられっか?!」って言ってた時に「こんな時代だからこそラブソングを歌うんだよ!!」って言ったバズコックスってこんなバンドだったんじゃないかな??って思ったのです。












ライブ終了後、平井さんが話してくれたことで印象的なこと。

東京で行われる半年ぶりのマーガレットズロースライブ。

現在のマーガレットズロースの状況で、まだ出演したこともないハコに出演することは(いろんな事情で)簡単ではなかったこと。

それでも実現したことは、お互いの「気持ち」だけだったということ。
僕の自分勝手な想いだけど、マーガレットズロースというバンドは、ピーズやエレカシみたいに息の長いバンドになればいいなって思ってます。

最悪、一年に一回のライブでもいいから、ずーっとやっていって欲しいです。

どうでもいい話だけど、ドラムの粕谷さんがバス釣りが趣味ってblogで読んでたから、神奈川のマル秘スポット(僕は昔、釣具の上州屋に勤めていたことがありました)を伝えようと思っていたのですが、ドタバタで願いかなわず。泣




それにしても!


たまんなかったなー

うれしかった。

真昼の月・夜の太陽は、でかい力に蹴飛ばされたら、一瞬でツブされちゃうような無名の弱小ライブハウス。

新宿の片隅で負けないように一生懸命がんばってる。

悲しいことに金もないし業界のコネもない。


ただ僕らには「ロックンロールが好き」っていうバカみたいな気持ちだけははっきりとあります。




平井さん、この場を借りて心からお礼を言います。

ありがとうございました!!

今回バタバタしていてロクに話せなかったから、こんな形で不本意だけど。

絵かきのジョニーと平井さん。




あと、そうそう。

今回うれしかったのが、マーガレットズロースのメンバーもウォーターのメンバーもみんなオープニングアクトのうつぼのステージからしっかり観てくれたこと。

お客さんのみならず出演者にもうつぼを見てもらいたかったのです。


コサクも宮ちゃんも田中もたけいくんも、僕ははホンモノだって信じているから。

なんでもありのこんな時代。

正しいも間違っているもない。

ヒットチャートやマスメディアの価値基準は関係ない。


信じてるのは自分の胸のドキドキだけです。

自分が信じてるホンモノに、ホンモノを紹介したかったのです。

のりをさん!!また絶対イベント組ませてもらいますからね!!笑


ここまで読んでくださった人たちへ。

なんだか、日記なんだか私信なんだかワケ分かんない文章になっちゃってごめんなさい。

「サカナ☆ジュークボックス」、次回また企画するので良かったらまた観にきていただけたらうれしいです。

本当にどうもありがとうございました!!





次はこれ!!
(自主企画ではありません)

東新宿「真昼の月・夜の太陽」
8/27
「モダーン・ノスタルジア」
出演:島崎智子、いいくぼさおり、ガジュマル
OA:healahopen/start 18:00/18:30 前売 2000円/当日 2500円(ドリンク別)


*島崎智子さんはマーガレットズロースの平井さん企画「いわきサイコーです!!」で出会ったミュージシャン。


平井さんよりコメント

「すべての人は次の三通りに分類できる。
つまり、島崎智子が大好きな人。島崎智子が大嫌いな人。そしてまだ島崎智子を知らない人。
そのうたう姿は衝撃映像と言ってもいいでしょう。」


島崎智子公式HP
http://8-shimasaki-8.com/


この人だけで強烈なのに、対バンは「いいくぼさおり」さんと「ガジュマル」。

僕の中でのロックンロールな3人。
(スタイルのことではありません)

強烈なスリーマンです!ぜひぜひ!!



*明日6/30新宿レッドクロスにてマーガレットズロース、ライブやります!!
お時間ある方はぜひ!!!!







date:2012.06.28 Thursday category:イベント comment:comments(0) trackback:trackbacks(0) by サカナスタイル


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

過去の記事

サイト内検索



なんにもなかった夜には。

サカナオトコ日々の出来事

more...


otonohi

音の陽だまり-晴れた日の夜に、聴きたい曲がある-

more...



Copyright (c) 2012 Sakana☆Style