サカナスタイル

<< お知らせ | main | 【サカナジュークボックスVOL2】 出演者からのメッセージ >>

top > イベント > いつか僕が鳴らしてみたかったのは、こんなジュークボックスだったんだ

いつか僕が鳴らしてみたかったのは、こんなジュークボックスだったんだ



最近、サカナジュークボックスのことを考えていると、おかしなことがよく起こります。

たとえばマーガレットズロースの平井正也さんの新作「PON」を聴きながら電車に乗っていると、普段降りる駅で、ぼんやりして乗り過ごしちゃうなんてことがよくあります。

こないだなんか、新宿駅の自動改札で、まちがってスイカの代わりに銀行のカードを入れちゃって、後ろの人に「!!っざっけんなよ!!」って怒鳴られたりしました。

てくてく新宿の路上を歩いていると、どんどん人に追いぬかされて、あげくの果てにホストの兄ちゃんにぶつかってイヤな顔をされて、ハッと我にかえったりします。

寝る前にハミガキをしていたら、なんか味がおかしくって気づいたら、ハミガキ粉の代わりに洗顔フォームを歯ブラシにつけて磨いていたりなんてこともあります。

デパートのエスカレーターでは逆方向に入りかけて「どぅわっっ!!」って思わず叫んでしまい、店員さんにクスクス笑われたりします。

昨日なんか「リンスinシャンプー」をボディソープと間違えて、身体を洗っていました。

今でも、なんかカラダがヌルヌルしてる気がして、気持ち悪いったらありゃしません。

一体全体、どうしちゃったというのだろう。

ほんとバカすぎて笑っちゃうくらい、まったく僕はおかしくなっちゃったみたいです。

でも代わりに、いろんな感情が生まれてくるから不思議です。

優しい気持ちになったり、クソみたいな気分になったり、ドキドキしたり、猫や犬と仲良くなったり。

きっと僕にとって、マーガレットズロースやズボンズやコーガンズや僕のレテパシーズやうつぼの音楽は、新宿駅の自動改札でドヤされたり、ホストの兄ちゃんにぶつかってイヤな顔をされたり、、デパートで逆方向のエスカレーターに乗って店員に笑われたり、ボディソープの代わりにリンスインシャンプーでカラダを洗っちゃったりするような、おかしな音楽なんだと思います。


そんなふうに、毎日【サカナジュークボックスVOL,2】のことを考えてるうちに、気づいたら季節は夏から秋に変わっていて、昨日が今日に変わっていました。

でも、僕の時計は壊れてしまっていて、季節の変わり目も、朝も昼も夜も、東京も九州も中国大陸もアメリカもぜんぶつながっている気がして、なんだかバカみたいにボンヤリしてしまうのです。


来月【サカナジュークボックスVOL,2】が開催できることを本当に心からうれしく思います。

はじまりが、またはじまる感じがして、僕はバカみたいにドキドキしています。

今回もアート担当のジョニーとイベントへ向けていろいろ準備をしています。

(まずは今回もフライヤー、特設ページをつくりました。出演者からメッセージをいただいたので見てもらえたら嬉しいです!!まだ作成中の企画物もあるのでお楽しみをー!!)

「サカナジュークボックス」なんていうヘンテコなイベントタイトルは、イベント立ち上げの時に、マーガレットズロースの平井さんと相談しながら決めたのです。
(
もはや、「マーガレットズロースの」と書くのも、今の平井正也さんには失礼かもだけど、ここではあえて書かせてもらいますよ。平井さん夫婦の雑貨屋→「しそにぬ」)

はじめに僕は、なんとなく「ジュークボックス」ってコトバを使いたくて、「闇鍋ジュークボックス」とか「ジュークボックスに住む詩人」とかを候補にあげて、平井さんも気に入ってくれたんだけど、まあ「ジュークボックスに住む詩人」は友部正人さんの詩集そのままだし、「闇鍋」ってことばもソウルフラワーユニオンさんに先に使われていたりして。

なんだかヘンテコだけど、思い切って「サカナジュークボックス」にしたのです。
(各バンドのご紹介はあらためて!!)

僕はイベンターではないので、大きな会場をホールレンタルして、スポンサーもつけて、広告宣伝費もいっぱいかけた企画はできません。

「集客」とか「ノルマ」とか、「まだ見ぬ10万人のリスナーへ」とかじゃなく。

都市に住む

海辺の町に住む

山間の村に住んでいる

今、まさに生活しているあなたと、宝物のような夜を共有したいです。

大きくなりすぎた街の、小さな小さなライブハウスで。



僕はもう今から、イベント後の打ち上げのことまで考えたりもしています。

出演者や、来てくれたお客さんと朝が来るまで、好きな音楽の話や、どうでもいいくだらない話しを朝がくるまで話したいです。

マーガレットズロースやズボンズや、コーガンズや僕のレテパシーズやうつぼの話がしたい。

たとえば、会話をしていて、いちいち止まっちゃう人っていませんか?

うまく流れで話せなくって、なんかボソってしゃべっては、すぐ会話が途切れちゃって、沈黙があったかと思うと、また思い出したように短いやりとりをするような人。

僕なんかは、まさににそんなタイプで、自分でも悲しくなることが多いです。

でも、新宿の路上にいるようなホストの兄ちゃんみたいに、ワケの分からない会話で誰かの心を掘り下げたくなんかないとも思います。

ゆっくりと時間をかけながら、話せたらいいなって思います。




【サカナジュークボックスVOL,2

今回、オープニングアクトはいません。

全員がスペシャルなメインアクトです。

いつか僕が鳴らしたかったのは、こんなジュークボックスだったんだ。

あなたにも僕にも、いいことがたくさんありますように。

何かみつけたら話してください。


サカナ✩スタイル



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【サカナジュークボックスVOL,2】

日時:11/23(祝・金)
■場所:東新宿 「真昼の月・夜の太陽」
■出演:ズボンズ、マーガレットズロース、コーガンズ、うつぼ、僕のレテパシーズ
OPEN 1700START 1730
■チケット前売り2500円/当日3000

*ご予約は各バンドへ直接か、サカナジュークボックス特設ページメールフォーム
*「真昼の月・夜の太陽」の11月スケジュールにアップしました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





date:2012.10.06 Saturday category:イベント comment:comments(0) trackback:trackbacks(0) by サカナスタイル


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

過去の記事

サイト内検索



なんにもなかった夜には。

サカナオトコ日々の出来事

more...


otonohi

音の陽だまり-晴れた日の夜に、聴きたい曲がある-

more...



Copyright (c) 2012 Sakana☆Style