サカナスタイル

<< 【サカナジュークボックスVOL2】 | main | 島崎智子バンド ワンマンライブ >>

top > イベント > 【サカナ☆ジュークボックスVOL2】終了〜「僕にはこんなふうに聴こえた」〜

【サカナ☆ジュークボックスVOL2】終了〜「僕にはこんなふうに聴こえた」〜

 

【サカナジュークボックスVOL2】、大盛況、大成功にて無事に終了しました。

おかげさまで、チケットもあと数名でソールドアウトというところまでいきました。

当日、お越しくださったお客様、出演者の皆様、たまりば&すかんぽカリー、真昼の月・夜の太陽スタッフ、イベントには来れなかったけど、ずっと気にかけていてくれたすべての方へ。

心からお礼を言います。

本当にどうもありがとうございました。

サカナジュークボックスが終わってから、僕は一気に気が抜けてしまい、何もやる気が起きません。

イベントが終わって1週間も経つというのに、僕は今日もまるで廃人みたいに、自宅のアパートでテレビもつけず音楽も聴かず、ぼんやり窓辺を見つめています。

せまいアパートの部屋で、エアコンの無機質な音だけが聴こえます。

気まぐれに膝の上に乗ってきたワンコをなでながら、まるでおじいさんみたいに何時間もボケーっと窓辺をながめています。

あんまりにもわびしいから、マーガレットズロースのギターの熱海さんからお借りしたブレイカーズとコーツのデモテープをステレオでかけてみました。

とたん、スピーカーから飛び出してくるマージービート。

ブレイカーズのちゃんとした音源は聴いたことがなかったのです。

ものすごいかっこいい!!

コーツも貴重な解散ライブの音源で、知らない曲も演っている。

音の粗さが、逆に臨場感を引き立たせていて、まるで僕も時空を超えて、1984年の新宿JAMにいるような感覚になっていく。

興奮してくる。
両バンドともひいき目抜きにしてぜんぜん古くは聴こえない。
ビートルズを聴いて「なんか古くさい音楽だなー」って思わないのとおんなじ。

そんなふうにして、ようやく僕は少し元気が出てきました。

大好きな音楽を聴いているとき以外は僕は、ぼんやりと何時間もだまっては窓辺を見つめているような、ふぬけでネクラなおじいさんです。


【サカナ☆ジュークボックスVOL2】のことを書いてみます。

ふだん、僕は好きなバンドのライブを観に行く時、対バンやイベントの名前で行くことはありません。

ワンマンだろうと、100バンドくらい出演するような大きなフェスであろうと、あまり関係ない。

いつかフジロックにクロマニヨンズのライブだけ観て、帰ってきたこともあります。

GOING STEADYが見たくてロフトに行ったら、たまたまセッチューだったりしたこともありました。

だから、本当は「サカナジュークボックスに御来場されたすべてのお客様、ありがとうございました!!」って言われても、「別にイベントを観に行ったわけじゃないよ、出演バンドを観に行ったんだよ」って思われるお客さんが、もしいたとしても僕はすごい共感できます。

なぜなら僕もそのバンドのファンだから。

でもやっぱり主催者としては、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回なによりうれしかったのが、この半年、サカナジュークボックスVol2を、自分が一番楽しみながら企画できたこと。(VOL1もまったく同じ気持ちだったけど)

毎日、出演者の音楽を聴きながら、いろいろ想いをめぐらせたこと。

フライヤーのデザインをアート担当のジョニーと「ああでもないこうでもない」言って完成させたこと。

そのフライヤーをもっていろんなライブハウスをまわったこと。

告知動画の撮影も楽しかったです。

電車にのって、ひとりで車窓からデジカメで風景を撮影していた僕は、さぞかしアブないやつだと思われたことでしょう。

特設ページの内容を徐々に増やしていったり、自分勝手に出演者の紹介文を書いたりしたのも、とても楽しかったです。

つたない表現で、申し訳なかったけど、せめて自分のことばで書けたから、うれしかったのです。

出演者とも何度もやりとりをして、時によっては返信がなかなか返ってこなくて、ひとりでやきもきしたりしたこともありました。

ズボンズなんて、途中で海外ツアーに行ってしまい、1か月以上連絡がとれないこともありました。
でもDONさんは出発する前に「ズボンズの曲も映像も、許可とらなくてもOKだから、トネガワくんのやりたいようにやってよ」と、いってくれたから助かりました。著作権に関して出演者、みんな同じような返答でした。

そんなことのひとつひとつが楽しかったです。

打ち上げで、誰かが言っていたけど、イベントは当日に始まって終わるわけじゃなくて、企画段階からすでに始まっている、僕もほんとにそう思うのです。

むしろ、イベント当日のことは断片的にしか覚えていません。

DJ用のヘッドホンを忘れて、職安通りのドンキに買いに行き、現場に遅れて行ったら、うつぼのリハが始まっていて、すでにマーガレットズロースのメンバーが待機していたこと

新大久保駅からタクシーで駆けつけてくれたコーガンズとスタッフさんを明治通りで出迎えたこと

コンビニで買い物をして現場に戻ったら、レテパのみんなが居心地悪そうに、よそんちに連れてこられた猫ちゃんみたいに、ホールの片隅に丸くなっていたこと

「ちょっと早く来ちゃったんです」って言ったボーカルの古宮くんが、とってもかわいかったこと

ズボンズがやってきて、「今日はよろしくねー」とドンマツオさんが笑顔で言ってくれたこと

出演者顔合わせの時、かみかみになりながら一人一人の名前を言ったこと

たまりば&すかんぽカリーの店主シューベルさんが、デカい鍋と炊飯器を抱えながら、エントランスで、FOODのセッティングをしてくれたこと

オープン前に、間違って入って来られたお客さんが、カウンター前で待ってくれていたこと

DJ初のドンマツオさんがDJ機器を、カンペキに使いこなしていたこと

ジンロウさんのスピン一曲目がヒロトの「アナーキー・イン・ザ・バイユー」だったこと

一番手のレテパのライブで、古宮くんのクロマチックハーモニカが、今まで聴いたこともないくらいエモーショナルだったこと

そんな古宮くんが、まるでミツバチみたいにかわいくお尻をふったり、クラシックの指揮者みたいだったこと

うつぼが、いつにもましてキレキレで、メガゴジラみたいだったこと

数年ぶりに観たコーガンズがサイコーだったこと

封印したはずの、福岡での記憶がよみがえってきて、感極まってトイレで泣いたこと

マーガレットズロースの新曲「僕には数えられない」が素晴らしかったこと

ズロースが「べいびー」も「石鹸」も「マーガレットズロースのロックンロール」も演奏しなかったこと

「新しい絵」はどうしても聴きたかったのに演奏してくれなかったこと

ズボンズが黒崎マーカスで観た時と同じく「HIGHWAY A GO!GO!」でスタートして、アンコールでなんと「ジャンボ」を演ってくれたこと

ライブ後に、のこのこステージに上がって、なんの気の利いたあいさつもできずにただ「ありがとうございました」しか言えなかったこと

お客さんのあたたかい拍手と笑顔を死ぬまで忘れないと思ったこと

お客さんを見送ってからようやく食べたカレーが死ぬほどうまかったこと

イベント終演後に、バックヤードで主演者に取材しようと思っていたテレコを一度も回せなかったこと

なんか話の流れで銀杏の話になって、「よく顔が似てるって言われるんですけど僕、銀杏BOYZは、今まで2回ぐらいしか聴いたことないんですよ」ってレテパの古宮くんが言ったこと

うつぼのコサクくんが体調を崩していて元気がなかったこと

打ち上げの告知も出来ずに残ってくれた出演者と新大久保の和民ん家で宝物みたいな話しをしたこと

日記なんかに書けないあんなこと、こんなこと


いつか、また同じメンツでやりたい。

そんなふうに思えるイベントでした。

【サカナ✩ジュークボックスVOL2】

僕にはこんなふうに観えました

僕にはこんなふうに聴こえました。


この質は絶対に落としたくない。

今回イベント終了後にツイッター等で、「ライブは最高だったけど、ハコが狭すぎた、息苦しかった。バンドがもったいない…」云々というツイートを何件か読みました。

楽しみに来ていただいたお客さんにそんな思いをさせてしまったのはすべて主催者である僕の責任です。

でもサカナ☆ジュークボックスはどうしても「真昼の月・夜の太陽」でやりたいのです。

そのワケは、またあらためて書きます。

とにかく、ありがとう。すべてに対して感謝の気持ちでいっぱいです。



イベントを企画するなんておススメしない

なぜ??って終わった後で、バカみたいに寂しくなっちゃうんだからさ。






*【サカナ☆ジュークボックスVOL3】開催します。

開催時期は来春。ぶちかまします。

詳細が決まり次第、告知開始しますね。

ぼくが大好きなパンクバンドは3枚目までが初期衝動のアルバムでした。

おそらく次回の【サカナ☆ジュークボックス】が初期3部作の集大成です。

楽しみにしていてください。

桜が咲くころ、またお会いしましょう。


*いろんな人がイベントのことを日記に書いてくれました!!

東健介さん(コーガンズ/ギター)のKENSUKEblog

熱海祐二さん(マーガレットズロース/ギター)「Mercy Mercy

ダイエット三姉妹さんのblog

マーガレットズロース、平井正也さんBLOG

みなさん、感謝(驚)!!!!



*【サカナ☆ジュークボックスVOL2】 トネガワDJセトリ

・Theピーズ「脳みそ」
・ケンジ&ザ・トリップス「ブラボージョニーは今夜もハッピー」
・太平洋不知火楽団「もしも僕が売れたら」
・壊れかけのテープレコーダーズ「ニセモノの銀河」
・アナログフィッシュ「白黒ック」
・スパルタローカルズ「トーキョウバレリーナ」
・ストリートスライダーズ「Blow The Night」
・スターリン「虫」
・コブラ「Tokio Riot」
・ゴーイングステディ「アホンダラ行進曲」
・イースタンユース「青すぎる空」
・マーガレットズロース「オクターブ上で」
・友部正人&たま「空いてるドアから失礼しますよ」
・僕のレテパシーズ「ブルースマン」
・スモールフェイセス「All Or Nothing」
・THE WHO「マイジェネレイション」
・ダムド「NEAT NEAT NEAT」

…etc






















date:2012.12.01 Saturday category:イベント comment:comments(2) trackback:trackbacks(0) by サカナスタイル


コメント
  • ダイエット三姉妹
  • 2012/12/02 3:14 AM
初コメ失礼します。
素晴らしいイヴェントでしたよ!!
パート3、楽しみにしています!!
ではでは。
  • 利根川誠
  • 2012/12/02 2:47 PM
&#10025;ダイエット三姉妹さんへ

わー!!
コメントありがとうございました!!
また、早い時期からblogでイヴェントの紹介をしていただいて本当にありがとうございました!!
今回日記にも書いてくれて感謝感謝です。

当日、熱海さんに紹介してもらいご挨拶したかったのですが、ドタバタでかなわず。泣
VOL3も楽しみにしていてください〜&#10025;
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

過去の記事

サイト内検索



なんにもなかった夜には。

サカナオトコ日々の出来事

more...


otonohi

音の陽だまり-晴れた日の夜に、聴きたい曲がある-

more...



Copyright (c) 2012 Sakana☆Style